ダンベルを使った効果的な二の腕ダイエット法

筋肉に負荷をかけ眠っている筋肉を起こす

ダイエットに励む

若いころはそんなに気にならなかった二の腕がいつの間にかプルプルとたるんでしまった方、二の腕ダイエットをしているけれどなかなか細くならないと嘆いている方、いろんな二の腕の悩みがあります。

二の腕を細くするためには、ある程度のエクササイズが必要です。筋肉に負荷をかけいつもは眠っている筋肉を起こしてあげるのです。

でも、いくら鍛えるからといって一時期ブームとなっていたビリーズブートキャンプのような激しさは必要ありません。長続きしなければ意味がないからです。

もっと身近で毎日できる二の腕ダイエットが、細い腕を手に入れるには近道となります。二の腕の筋肉を鍛えるにはダンベルで負荷をかけるのが良い方法です。

■ダンベルのエクササイズにヨガをプラスした『ヨガ・ストレングス』

近頃アメリカでブームとなっているダンベルを使用してヨガを取り入れたダイエット法があります。ダンベルのエクササイズにヨガをプラスした『ヨガ・ストレングス』です。

両手で1kgのダンベルを持ち、どちらか片方の足を大きく一歩前に出します。後ろの足はひざを直角にし開いた状態です。この状態でゆっくり息を吐きながら腰を下げていくと同時に、ダンベルを胸の位置まで持ち上げます。その後、息を吸いつつダンベルを下ろす動きをします。前に出す足を交代させ10回ずつ行いましょう。

もっと簡単なダンベルをプラスさせた方法に、後ろ手バイバイ二の腕ダイエット法があります。手を後ろに回し前を向いたまま後ろにバイバイと手を振る動きなのですが、この動きにダンベルを持つことで負荷が増し、ダイエット効果を上げることができます。この程度の動きならば、二の腕ダイエットも長く続けることができるはずです。

簡単・楽にできる方法 TOP5

即効!引き締まり TOP3

二の腕やせメニュー

コラム

管理者情報など