無酸素運動で二の腕ダイエット

脂肪を燃やしても筋肉が細くなってはリバウンドの可能性が

ダイエットに励む

有酸素運動はダイエットに良いといいますが、無酸素運動というのがあるのをご存知ですか。有酸素運動は脂肪を燃やす効果が高いとされています。無酸素運動は衰えた筋肉を鍛えなおす運動です。

有酸素運動でせっかく脂肪を燃やしても同時に筋肉が細くなってはリバウンドという悲しい結果となることもあります。そうならないために無酸素運動で筋肉を鍛えることに重点を置いた二の腕ダイエットをしてみましょう。

無酸素運動はスロートレーニングとも言われていて、名前の通りゆっくりとした運動です。しかも、毎日行う必要もなく、1週間に2,3回程度で二の腕ダイエットの効果が得られるというのも嬉しいですね。

■具体的なスロートレーニングの方法

ではスロートレーニングで二の腕のダイエットをやっていきましょう。まず、必要なのが台です。体を支えられる程度のしっかりしたものが必要です。無い場合はテーブルを使いましょう。

台に手を乗せて、ひざは床につけます。台の上の手は肩幅より広めに置きます。足首は組んで背筋を伸ばし息をゆっくり吸いながら、台に胸がつく直前まで腕を曲げます。

そしてそのままの姿勢で1秒待ちましょう。息をゆっくり吐きつつ、今度は反対に状態を起こし腕を伸ばしていく動作をします。簡単にいうと台の上でやる腕立て伏せです。

二の腕ダイエットにはこの腕立て伏せを最初は5回程度から、だんだん慣れたら10回やってみましょう。最初はつらく感じる人もいるかもしれませんが、そのうち筋肉が喜んでいるように感じるのではないでしょうか。

ポイントは腕を伸ばす動作を行う時に、腕を伸ばしきらず少し曲がった状態でキープするようにすれば、二の腕ダイエットの効果が倍増するでしょう。

簡単・楽にできる方法 TOP5

即効!引き締まり TOP3

二の腕やせメニュー

コラム

管理者情報など